埼玉県さいたま市浦和区,オアシス浦和店の加圧トレーニングジム|トップフィット
HOME>加圧blog

今岡

膝十字靭帯損傷


加圧トレーニングジム TopFit 大宮店のスタッフブログです。
ホームページはこちら → TopFit 大宮店   TopFit 赤羽店  TopFit 浦和オアシス店

今日は、イマオカです。

大宮店には現在、膝の靭帯損傷による筋力UPを目的に、来られているお客さんが何名かいらっしゃいます!

そこでまず、膝関節について!


膝関節には外側側副靭帯、内側側副靭帯、前十字靭帯、後十字靭帯などがあり膝関節を支えています。

今日は損傷頻度の高い前十字靭帯損傷について!!


 
前十字靭帯損傷は、膝のスポーツ外傷の中で最も高頻度に生じるもので

バスケットボール・器械体操・スキー・ラグビー・フットボール・柔道などに多く、

ジャンプからの着地、急停止、急な方向転換、ジャンプの踏み切り時などに

受傷するのが主な原因であり、反復横とびでも受傷することがある!!



受傷時は、“ガリッ”“ブチッ”などの音がして、脱臼感(はずれたような感じ)があり、

受傷直後は、スポーツ不能に陥る(その場から動けないことも)。

受傷後12時間以内に関節血腫(血がたまる)が生じ、時間とともに腫れてきて、

膝の曲げ伸ばしができにくくなると言われています。

損傷した靭帯は、自然にはつながらず、損傷したままスポーツを行うと

“膝くずれ”をおこしてしまうと言われています!!

こうなると半月損傷や関節軟骨損傷といった合併を起こしてしまうことがあります!



治療法としては、アスリートや重労働者などは靭帯再建術の手術を行い、

術後のリハビリや、手術を受けなかった方へも、筋力トレーニングやサポーター装着

などの保存療法をすすめられることが多く、そこでこの加圧トレーニングです!



サッカーで痛め十字靭帯を損傷し現在、リハビリとして通われているYさんです。

P1020174_convert_201111261221061.jpg

直立しても右膝は曲がったままで、まだ伸ばせずに正座も出来ない状態

P1020158_convert_20111124124000.jpg

右膝にまだうっすらと手術の傷跡が残っていますがその間、自由に動かすことが

できず筋力が著しく低下し、筋力アップを目的に通われています。


この場合のトレーニングとしては太腿の表裏にある大腿四頭筋と、ハムストリングを使うことで

ひざへの衝撃を吸収している筋肉群などを鍛えるのが重要になります。

 P1020164_convert_20111124124523_20111124125103.jpg

ごく軽いウェイトではありますが、膝に負荷を掛けずとも筋力アップ効果はあります。

また血流がある程度制限された状態なので日頃の痛みもほとんど感じること無く、

トレーニングが可能です。

P1020163_convert_20111124125203.jpg



また、他にもタオルを足でたぐり寄せるなどして、足の握力を高めることで、

転倒を防ぐ感覚が発達し、これらの筋肉などは姿勢にも大きく関係しており、

つま先立ちや足指でのじゃんけんなどを続けることによって、高齢者でも十分、

訓練効果が期待できると言われています!!


通常のトレーニングでは膝を動かすと痛みがあるという方でも、

加圧トレーニングでベルトを巻いた状態で運動をすれば膝への負担も少なく、

かつしんどいトレーニングとしたのと同じ効果がのぞめます!!


という話でした!


              イマオカ

投稿者 加圧トレーニングジムトップフィット② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)